台風

昨日は全国的に大変な一日になりました。

東京は丁度帰宅ラッシュの時間帯が暴風域に覆われ、電車も次々に止まり、駅は人 人 人 で溢れていました。

そんな中、なんとか家へ帰ろうと外へ出ましたが、こりゃ大変!

海近く、高いビルの間の片側三車線道路。
ここを歩いて渡る。横殴りの強風雨により、中央分離帯までがやっと。そこで信号が赤に代わった。

もはや自力で信号待ちは出来ない状況。
いつも全く気にしていなかったのだが、目の前に黄色い置物が。
必死でしがみつく シガミツク
『むりー』『きゃー』『いやだー』と叫びながら。声が枯れていく。
しがみついても飛ばされそうになる。

仮に飛ばされていたら…間違いなく通行中の車にひかれていたでしょう。ゾゾッ(;>_<;)
雨だか涙だか分からないけど、前は見えない。

そうしたら、一緒に帰っていた殿方がそんな私に気付き、迎えに来てくれた。
青信号に代わり、手をひかれながらようやく渡りきった横断歩道。

こんな怖い思いしたのは初めて。
一人じゃなくてよかった。
助けてくれて、本当に有りがたかった。
その後、しがみついた腕が筋肉痛。
信号待ちあの短い時間、凄まじさを痛感させられました。


教訓→天災に遭遇した時には、決して無理をしない。冷静な判断をする。



今日は、町中がクリアになっている、青空が綺麗だ。
[PR]

by shion-hino | 2011-09-22 09:10